鷲香取神社

仁和年中(885)下総国一宮香取神社の神馬が逸走してきてこの地に来たことをきっかけに、香取神社を勧請し、内牧村の鎮守としました。
また、内牧村は、源頼朝の崇敬が厚かった鷲宮神社を総鎮守とする太田庄(おおたのしょう)に属し、毎年、鷲宮神社の御輿渡御の休息地でもあったとこから、建久2年(1191)ころ、分霊を祀ったと言われています。
二つの神社の名前がついているとても珍しい神社です。

鷲香取神社
鷲香取神社
  • マップ

施設の情報

住所
春日部市内牧2286-1
登録カテゴリー
【観光情報】
見る» 建造物(神社・仏閣)

この情報をメールで送る

携帯サイトQRコード

鷲香取神社携帯サイトQRコード

Copyright city.kasukabe All rights reserved